少子化の問題

少子化の問題

少子化が進む中で、「将来、子供は何人欲しい?」と言う声は世間からあまり聞かれなくなったような気がします。
たくさんの子供を持つ家庭は数えるほどしかありません。
また出産に対する意識も男女共に低くなっていますね。
ただ、このまま少子化がもっともっと深刻化するのかと問われれば、実際、YESと言えそうです。
統計的にそうした兆候が表れているからです。
ただし、「私達は子供はいらないです」と言ってる夫婦は殆ど居ません。
では、なぜ少子化が進むのかというと、晩婚化、それに経済的理由などがあげられます。
経済が立ち直る見通しはまだまだ程遠いのが現状です。
これを改善することは経済的問題だけではなく、人口的問題からも重要であると言えます。